脈診伝統古典鍼灸術 仁木鍼灸院


TEL.(0885) 35-0223

〒773-0005 小松島市南小松島町中筋7−13

 参考書あれこれ

毎日の臨床でたいへんお世話になってきた参考書達です。

伝統鍼灸治療法伝統鍼灸治療法
 - 池田政一 - 著

経絡治療にはじめて興味を持ったころ夢中になってこの先生の書かれた本を読んだものでした。表紙の伝統鍼灸治療法以外のところは薄くなって読めなくなってしまいました(表紙カバー無いです)が、「臨床家のための」とされているように今でも常に横に置いていて役立っている本のひとつです。治療概論、そして疾患別治療法と簡単にまとめられていますが、かなり奥が深い内容になっているかも。即使えるいまでもありがたい本です。



わかる中医学入門わかる中医学入門
 - 邱 紅梅 - 著

私の中の鍼灸の世界がそれ以来大きく広がった気がする本です。
やたら理屈ばかり並べる中医学がずっと好きになれず過ぎてしまったのですが徳島の山田喜吉先生の勉強会にちょっとお世話になった際テキスト代わりにこの本をご紹介くださいました。たいへんわかりやすく纏められており、かつ湯液のこともほとんど知らなかったのですがたいへん参考になると思います。入門書とはいうものの、患者さんに病の状況、そして治療方針を説明する際にも大変役立っています。



舌診と脈診舌診と脈診
中医臨床のための「舌診と脈診」
- 神戸中医学研究会 -

以前に購入した鍼灸のための舌診ア●ラ●ほかに比べ写真もたいへんきれいでよく纏まっていてわかりやすい。鍼灸治療の際の舌診はこれがあれば十分ではないだろうかと思っている。現在絶版になっていると聞いたのですが惜しい気がします。聞くところによると数万円の値がついているということです。



わかりやすい経絡治療ー脈診によるはり実技の入門書ー
 わかりやすい経絡治療
    福島弘道著

鍼灸は科学的であるべきと最初の頃は良導絡や電気鍼の本を読みあさったものです。ところがいつの間にかこの本に書かれてある内容の不思議な世界に引かれてゆくことになる。そして「気」が判ることの大切さを知るきっかけでもあったようです。だがその治療理論にいつまでたっても不満があり一度離れてしまうことになる。中医学の本がちらほら出だしたころでした。いまでは気を扱う鍼灸術を勉強するにはとても良い入門書であると思っている。


Regro