脈診伝統古典鍼灸術 仁木鍼灸院


TEL.(0885) 35-0223

〒773-0005 小松島市南小松島町中筋7−13

 花粉症(アレルギー性鼻炎)

毎年春先になるとテレビで花粉の飛散状況が天気予報といっしょに報告されるほどこの症状で困っている人が多いようです。
むかしはあまり聞かなかったものなのですが、食生活の変化や各種のストレス、はたまた車中心の生活環境、大気の汚染など等がその原因とされたりします。

西洋医学ではとりあえず症状の軽減を目的にマスク、メガネ、窓を開けないなどの対策に加え、抗アレルギー剤やステロイド剤が処方されるのが一般的のようです。たしかによく効くようなのですがあくまでもその場だけの対症療法であり、眠気や口、目の乾燥感、それに場合によっては重篤な副作用もあるようです。

花粉が飛んで花粉症になるひと!杉の木 ソザイングさんより花粉が飛んでも花粉症にならないひと!

こんな単純なことはだれでもわかること。
それなのにそのことに言及しない。
しても先にすすめ難いのが現代の医学常識かも知れません。


(金匱眞言論篇 第四)

春の時期は頭部に病が出易いもので、よく鼻水が出て、鼻が塞がることがあります。鼻血もみたりします。なぜかというと、冬場養生が悪く激しい運動などして本来ならからだのうちに温存すべきであるはずのエネルギーを乱してしまうと春になってこれらの症状が出てくるので注意しましょうとおしえています。

また、冬場に暖房のきいた部屋のなかで、冷たいものの飲みすぎや食べ過ぎなど不摂生して腸胃に負担をかけすぎたりしますとからだの抵抗力が衰え、からだの内に溜め込んでいたエネルギーがこれまた足りなくなって、春になり活動を始めようとしてもエネルギーが充分発散されず皮膚や鼻や目に溜まり花粉症などになるといわれています。

普段からアレルギー性鼻炎で困っている人も結局は、からだに合わないような飲みすぎ、食べ過ぎなど飲食の不摂生があることがおおいようです。

花粉ばかり悪者にされては花粉がかわいそうかも!

漢方医学では、「鼻は肺の候なり」として肺との関係が深いことも言っています。

この肺や脾(腸胃などの消化機能とみてよい)の不調があると、からだを外部から護るはたらきが落ちて、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、そして頭痛などへと症状がすすんでいくことになるようです。

鍼灸では、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状を軽減することとともに、肺、脾の弱りを助けて外部からの浸入に対して護りの強いからだにしてやることを重要視することとなります。

「花粉症に効くツボ」のページもご覧ください
Regro