このページは下記に移転します


http://nikihari.com/z_teisin.html
Regro
徳島 仁木鍼灸院 
施術内容のご案内 > 刺さない鍼「てい鍼」

てい鍼これが刺さない鍼「てい鍼」です。

この「てい鍼」で施術をすすめることがおおいです。その後ご本人のおからだの状態に合わせて施術方法をいろいろと変化させていくこととなります。鍼が痛い灸が熱いなどは術者自身も嫌です。

この「てい鍼」は先端が黍や粟粒大にしてあるものが多く、ここを皮膚に軽く当てるだけです。ふつうそんなことでどうなるのかと?お考えになることでしょう。

古典的な鍼灸医学では人間のからだには「気」の巡る循環路「経絡」というものがあり病になるとこの循環路に変調をきたすものとされています。事実慣れてくると指先でかすかに「経絡」をふれることができます。この「経絡」上にあるツボに「てい鍼」を当て、弱った気を補ってその勢いでわるいもの(昔の人はこれを邪気と呼んだ)を追い出すようにします。ただ当てただけではほとんど何も変わらないでしょう。そこがこの「てい鍼」の使い方の難しいところなのです。物理的に圧迫したり擦ったりして使うものでなく、術者による「気」の誘導、調整ができなければならないので・・・・・・