本文へスキップ

脈診伝統古典鍼灸術 仁木鍼灸院



TEL.(0885) 35-0223

〒773-0005 小松島市南小松島町中筋7−13

ご案内

てい鍼当院では初めて鍼灸施術をおうけになるという方が多くいらっしゃいます。刺さない鍼「てい鍼」や「接触鍼」またごく浅い刺鍼で施術することが多いのでご安心ください。捻鍼術という高度な技術も多用しています。そのため体力に自信のない方や過敏な体質の方、怖がりな方に特に喜ばれています。度々「鍼ってこんなに気持ち良いものなんですね」と仰っていただくことがあります。鍼灸施術が初めてのかた、また今までした鍼が痛かった、不快だったと思われていらっしゃるかたも安心して施術をお受けになれるとおもっています。鍼灸術は痛さを我慢して受けるものではなくほんとうは心地良くリラックスしたなかで受療できるのが理想と日々努力いたしております。皆様のご来院お待ちしています。
(わかりやすく鍼灸のことを書いてみました「鍼灸問答」のページぜひご覧ください)

当院の理念など

  この道にはいってもう40年近くになろうとしています。
おもえば鍼灸師になってからの数年間は今している鍼が効いているのか効いていないのかさえほんとうにわからない状態で悪戦苦闘の毎日でした。10年ほど過ぎたころからでしょうか?その「手応え」をやっとすこし感じるようになってきたように記憶しています。鍼の道はそう簡単に手中に入らないもののようです。そして今でも日々の臨床の中から驚きと新しい発見がたくさんあり古より綿々と受け継がれてきた伝統鍼灸術の世界の奥深さ難しさをつくづく感じております。
近年この伝統鍼灸術が非常に繊細な感覚を要すること、そして技術習得の困難さ等々からますます敬遠され忘れ去られていくような風潮に憂(うれ)いを強くしています。また依然西洋医学だけが万能の医であると思われているこの現状がもう少し変わってくれることを願いつつほんとうに小さな力でもこの医術のもつ可能性と素晴らしさを一人でも多くの方々に知っていただけるよう地道に続けて参りたいとおもっています。

 2018/10/吉日

基本方針

当院ではおおくの方々にすばらしい東洋医学本来の「気」を扱う伝統的鍼灸術を知って戴く為に良心的且一対一のゆったり丁寧な治療とできるだけ受療しやすい料金設定を目標に努力いたします。鍼灸術というものは心を込めてお脈を拝し触れ相互に心地良く「気」の交流ができるなかで施術することができれば理想です。はじめて鍼灸を受けてみようかとお考えのかた、はじめてご来院のかたは特に不安などあるかとおもいます。お時間がございますときはゆっくりとお話を聞かせていただきますのでご遠慮なくお申し付けください。

自己紹介

名前
仁木元一   ひとり院長  団塊の世代です
資格
鍼灸師 国家資格者
趣味
齢と共にほとんど家のなかばかりです。 モノ造りしたり音楽が好きです。休み時間はなぜかChuck Berryそれに,Blues等々。最近は足腰に自信が...?雪山に登っていたころがなつかしいです。 今は努めて歩くようにしています。
写真集バナー自己紹介も兼ねてわたしの好きなものなどを写真集としてみました。 <古い写真を集めてアルバムをつくる>

こんなお話も宜しければお読みください

「古くて新しい鍼灸 」
「鍼灸は古くさい、何となく暗い、非衛生的だ、本当に効果があるのだろうか?どんなことをされるのだろう?それに何より痛そうだ....。」と一般には少し興味があってもなかなか足を運べないかたがまだまだ多いことでしょう。そんななか近年,鍼灸や漢方薬があらためて注目されてきています。それというのも、現代人の病気も以前のような結核などの感染症から、アレルギー疾患、自己免疫疾患、癌、循環器系疾患などの生活習慣や遺伝的な体質による病気に変化し、万能かと思えた西洋薬も、これらにたいし根本的な病の解決とならず、また強い副作用なども問題となり、現在の西洋医学だけでは対処できない時代がやってきた今、ふたたび東洋医学が注目されることとなったのです。

「病に負けないからだをつくる 」
東洋独自の宇宙観より生まれたこの医学は人間を自然のなかの一構成員と位置づけそのなかで調和した健康を理想としています。治療に際しては患者さんの訴えを重視しつつ個別の体質を深く見つめ、その人が本来備えている治癒力を最大限に発揮させて病に打勝つからだをつくっていこうとします。またこころとからだの環境を病になりにくい常態へ調えてやることも大きな目的のひとつとしています。決して「凝った筋肉に鍼を刺して凝りが楽になればよい、痛みがとれればよい」と言うような単純なものではないのです。 また腰痛、肩こりの治療が鍼灸の専門のようにおもわれていたりしますが本来の東洋医学的鍼灸術では呼吸器や循環器、皮膚、眼、耳鼻咽喉、婦人、小児疾患などのあらゆる病にも対応できますし驚くほど効果の出ることがあります。現代の難病である各種疾患にもこの医学独自のアプローチが可能なこともあり好結果を観ることも少なくありません。

「もっと東洋医学的鍼灸術を」
しかしながらこのすばらしい東洋医学というものが広く一般に正しく知られ普及しているとは言えません。明治前期を境に社会変革による「時の敗者」として、尚且つ現在までこの医学のおかれた複雑な立場などもおおきいものがありますが、とくに東洋医学的鍼灸術に関してはその「技術」の難しさに因るところがあげられるのではないでしょうか。 「脈診何十年...。」などとよく言われるのですが、綿密な理論をいくら積み重ねて病者に挑んでも実際に脈をとり鍼を施すところでその勝負がほとんど決まってしまうような、何時も感覚を研ぎ澄ましていなければならないきびしい技術をもとめられる世界ゆえからかも知れません。 そのような医術を習得するということはとても困難なことですが、現代西洋医学で思うほど効無く苦しんでいた患者さんが少しでも明るくなり希望をもって来院されるときこの医学の素晴らしさをもっと多くの方々に知っていただきたいと日々の臨床のなかで願い、修練しなければと身の引き締まる思いがしています。

 以上

shop info店舗情報

仁木鍼灸院

〒773-0005
小松島市南小松島町中筋7−13
TEL.(0885) 35-0223
e-mail. info@nikihari.com

Regro